成功させるには自信が必要です!

これまで転職経験は全くない私ですが、キャリアコンサルタント資格を持っています。
転職したいが、踏み込めない方がいうのは、履歴書が書けないというものです。
理由は「資格がない」、「専門的知識や経験がない」など、つまりは、自信がないということです。
そこで、履歴書の作成ポイントをコッソリお知らせします。
転職にはセールスポイントが必要です。
まずは、キャリアの棚卸をして下さい。
箇条書きで、これまでの仕事の内容、成果を些細なことでも、書き出します。
そして、家族、知人に見てもらいます。
「どういうこと?」など、質問をくれます。
丁寧に一つ一つ答えてみて下さい。
伝わらない場合、気持ちを入れて説明してみて下さい。
そしたら、些細な実績が他人には大きな実績に映ります。
ここまで来れば、履歴書に自信を持ってセールスポイントが書けます。
そして、面接でも自信をもって落ち着いて対処できます。
セールスポイントを自信満々に訴える人はデキル人に見えます。
転職ではまずは自分が自信を持つことが大切と思いますよ。

思い切ってした

私が人生で初めて転職をしたのは26歳の時でした。
それまでは会社で事務の仕事をしていて、在庫管理や経理などをしていました。
しかしそれまでずっとしてみたいと思っていた子ども関係の仕事へ就こうと決意し、転職をしました。
転職をする時、とても不安がありました。
資格がなかった私はすぐに仕事を見つけられる自信はありませんでしたし、辞めてからの税金の支払いや社会保険の事を考えると不安でした。
でも思い切って辞めてみると、自分のしたい事に向かっているので、なんでも頑張れるんです。
これをしたい!と言う明確な目標があったのも良かったのでしょう。
私の場合は夢に向かって必死で進む中で不安も吹き飛んでしまいました。
税金や社会保険は家族の手助けもあり、何とかする事ができました。
そして転職を決意してから半年後、資格を取る為に行っていた学校を卒業する頃に次の就職先が見つかりました。
夢だった子ども関係のお仕事でした。
あの時思い切って転職をしていてよかったと思います。