成功させるコツ

転職を成功させるためには、徹底した情報収集が必要となります。
どんな仕事でも、とりあえず見つかればいいという考えでは失敗します。
失敗すれば、またすぐに転職することになるかもしれません。
転職は悪いことではありませんが、むやみに繰り返すのはいけません。
転職回数が増えすぎると、求人側から「この人は職場で問題を起こすのでは?」と思われてしまうことになります。
情報収集の方法としては、インターネットの転職サイトがベストです。
ネットでは、同じ職種の案件をカンタンに比べることができます。
収入、休日、福利厚生、勤務形態などなど、さまざまな項目で比較できます。
ハローワークで探すよりも、短時間でよい仕事が見つかりやすいです。
ハローワークの場合だと、気に入った案件が見つかっても、すでに定員に達している可能性があります。
ネットよりも情報は古いのが現実です。
ネットでは、最新情報を紹介しています。
新しい情報ほどチャンスに恵まれているのです。

逃げでしょうか?

「転職」というと、「逃げている」「最低3年は続けるべき」「それじゃあどこに行っても続かない」と、どうしても良いイメージがありませんよね。
転職は本当に「逃げ」なのでしょうか。
私は転職の本質とは”逃げ”では無いと考えます。
では転職とは何か?を問われたら、私ならば「より良い環境を求める挑戦」だと 思います。
誰しも転職をする方は「現状への不満」があります。
それは給与・待遇だけに留まらず人間関係や、仕事内容自体など様々です。
それらの不安が無い環境へ行きたいと願うのは至極当然の事なのです。
転職が、”逃げ”とか”甘え”とか”ワガママ”という表現をされる方もいらっしゃいますが、要はそれらの違いは”不満の程度の差”なのです。
ただ現実と向き合って考えた場合、同じような状況で我慢して、頑張っている方がいるのも事実ですし、個人には生活があります。
その個人の生活が破綻する寸前まで肉体的・精神的に追い詰められてしまうと転職に失敗したと言われます。
私個人も3度転職を経験しておりますが、私から言わせれば転職の鍵は1つ。
「どんな結果(将来)になろうと自分自身が後悔しなければ成功」なのです。
当然次の仕事が見つかるまでには想像以上の苦労もあるかもしれません。
それでも自分自身が「あのままあの職場で無理するよりは良かった」と思えれば私はそれも十分アリだと思います。